三途の川

私はまだ渡ったことがありませんが、よく事故や病気などで命の危険にさらされた人の体験談として『三途の川』が出てきますよね。向こう岸でおいでおいでされたとか、まだこっちに来てはいけないと追い返されたとか。この世とあの世の境として古くから言い継がれています。六道の話をしましたが、ここは六道の世界に割り振られる前の入口となります。ただ、ここでは既に生前の行いが関係していて、三途の川のほとりには奪衣婆と懸衣翁という2人のおじいさんおばあさんがおり、三途の川を渡ろうという者の衣服を剥ぎ取って重さを計るといいます。罪の重い者は衣服が重く、罪の軽い者は衣服が軽いそうです。そして、三途の名前通り3つの川の渡り方があり、奪衣婆と懸衣翁に川の渡り方を判断されます。罪が浅い人は流れのゆるい膝程度の深さの川を、悪いことばかりしてきた人は濁流を渡り、良い行いをした人は煌びやかな橋や雲で川を渡ることができると言います。お葬式の時に旅支度として、頭陀袋に六文銭に模したものを入れるかと思いますが、これは三途の川の渡し賃として冥途に持って行かせるためのものです。六文銭を支払うことで、みんな橋を渡って行くことができると言い伝えられています。

閻魔王

小さい頃『嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれるよ』と言われたことはありませんか?最近ではそんなことも言わなくなってしまったかもしれませんが、昔は悪いことを戒めるために閻魔様が来るよとよく言ったものです。そんな閻魔様ですが、実は知られていないことがたくさんあります。閻魔様というと、悪いことをした人を地獄に送る番人のようなイメージを持っている人も少なくないかと思いますが、実は閻魔様はできるだけみんなを地獄に行かなくて済むように恩赦をかけてくれる心優しい大王様なのです。ただ、自分の行いに嘘をつくような者には厳しいので、閻魔様の審判の時には素直に非を認めることが大事です。閻魔様の審判は、亡くなってから35日目(五七日)に行われます。49日の最終審判の際にも同席し、ここでこの先生まれ変わる世界が決められるといいます。

Copyright © 2010. カルマ.